コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偽りの名画

1件 の用語解説(偽りの名画の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

偽りの名画

米国の作家アーロン・エルキンズのミステリー(1987)。原題《A Deceptive Clarity》。「この中に贋作がある」と言い残し、展覧会主任が謎の死を遂げた。シアトル美術館学芸員クルスは事件に巻き込まれていく。「クルス・ノーグレンシリーズの第1作。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

偽りの名画の関連キーワード一瞬の光画商の罠原始の骨断崖の骨洞窟の骨骨の島骨の城ホプキンズの夜密林の骨楽園の骨

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone