コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

傾眠 ケイミン

デジタル大辞泉の解説

けい‐みん【傾眠】

意識がなくなっていく第一段階で、うとうとしていて睡眠に陥りやすい状態

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けいみん【傾眠】

意識障害の程度の一。周囲からの刺激があれば覚醒するがすぐ意識が混濁する状態。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の傾眠の言及

【意識】より

…したがって意識障害を現象的に記載するにあたっても,この二つの側面を念頭においてなされるのが普通である。 昏睡,昏迷,昏蒙,傾眠などは覚醒の程度を表すものであり,昏睡comaはどのような外界からの刺激に対してもまったく目覚めることのない最も深い意識障害に対して用いられ,傾眠somnolenceは呼びかけないかぎり,目を閉じてうとうととしているが,容易に目を覚まさせることのできるような軽い意識障害を示す。昏蒙benumbingと昏迷stuporはこの二つの中間段階に対して用いられ,通常後者のほうが前者より高度の意識障害を意味するものである。…

【昏睡】より

…意識障害の程度を表す言葉で,いかなる刺激に対しても反応せず,ただ生命が維持されているのみという深い意識障害をさす。意識障害は,覚醒の程度に応じて,名を呼んだりすると容易に覚醒する傾眠somnolenceから昏蒙obtundation,昏迷stupor,および昏睡に分けられている。意識【水沢 英洋】。…

【周期性傾眠症】より

…数日から数週間持続する傾眠(入眠傾向が異常に亢進した状態)を数ヵ月から1~2年の間隔で反復する病気。傾眠期にも食事や排便はできるが,無気力で茫然としており,後に健忘を残す。…

※「傾眠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

傾眠の関連キーワードマレイン酸プロクロルペラジン心の病気とからだの病気ベンゾジアゼピン中毒脳卒中(脳血管発作)ジフェンヒドラミンレビー小体型認知症睡眠時無呼吸症候群低ナトリウム血症ペルフェナジン高血圧性脳症炭酸リチウム周期性傾眠症持続睡眠療法臭化物中毒多臓器不全肝性昏睡呼吸不全劇症肝炎救急処置低血糖症

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android