元引受(読み)もとひきうけ

大辞林 第三版の解説

もとひきうけ【元引受】

有価証券の発行に際して、これを売り出す目的で発行者からその全額もしくは一部を取得すること。また、売れ残った場合にそれを引き受けることを契約すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

もと‐ひきうけ【元引受】

〘名〙 引き受けた証券が、売り出しに際して売れ残った場合、残額はすべて引き受け手が引き取るという契約をむすぶこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android