コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元照 がんじょう

百科事典マイペディアの解説

元照【がんじょう】

中国,宋代の律僧。姓は唐,字は湛然(たんねん)。神悟処謙に天台教観を,広慈慧才に南山律を受ける。允堪(いんたん)の会正(えしょう)派と対し,資持派を立てた。著書《四分律行事鈔資持記》など。
→関連項目律宗

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

元照の関連キーワード山脇 和泉(10代目)町田 経宇和泉流泉涌寺肺癌常暁王鑑義天

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android