コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

律宗 りっしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

律宗
りっしゅう

南都六宗の一つ。戒律の研究実践を解脱の因とする宗派。中国,唐の道宣によって成立。天平勝宝6 (754) 年に道宣の弟子,恒景から受戒した鑑真が来日し,東大寺に戒壇院を設けた。次いで唐招提寺を建立して第1祖となり,また下野薬師寺,筑紫観世音寺に戒壇を設けるにいたり,律宗は大いに栄えた。のち次第に衰微して明治維新後は真言宗の所管となったが,1900年独立した。現在,唐招提寺を総本山としている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

律宗【りっしゅう】

大乗仏教の宗派の一つ。中国で恵光(えこう)以後,四分律をもとに開かれた学派とその系統。四分律宗とも。道宣の南山宗,法礪(ほうれい)の相部宗,懐素の東塔宗の3宗があったが,元照(がんじょう)の中興により南山宗だけが長く続いた。
→関連項目阿闍梨具足戒東征伝絵巻

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りっしゅう【律宗】

中国仏教十三宗の一つ。戒律とくに《四分律》を所依(しよえ)として開宗された。東晋時代に《十誦律》《四分律》《摩訶僧祇律(まかそうぎりつ)》などの律部経典が中国に伝訳されると,律に関する研究が盛んとなり,特に《四分律》が北魏の法聡と慧光(468‐537)によって重視され,四分律宗が成立するが,のちに三つの分派を生じた。慧光の系統をうけた唐初の道宣は,終南山に住して《四分律行事鈔》をはじめとする戒律学の5大部を著して南山律宗を開いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

りっしゅう【律宗】

中国で興った仏教の一宗。戒律(とくに四分律)をよりどころとし、受戒を成仏の要因とする。日本へは754年唐僧鑑真によって伝えられた。南都六宗の一。本山は唐招提寺。戒律宗。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

律宗
りっしゅう

仏教の宗派。中国では十三宗の一、日本では奈良時代の南都六宗の一つ。律とは毘奈耶(びなや)(サンスクリット語ビナヤvinayaの音訳)の漢訳で、比丘(びく)・比丘尼(びくに)の守るべき規範のことである。出家者の教団における規定の集成書を律蔵といい、インドから中国へ伝えられた。インド各部派の伝えた律蔵のうち4種が漢訳されたが、そのうち「四分律」によって中国で南山律宗、相部宗(そうぶしゅう)、東塔宗(とうとうしゅう)の律宗が唐代に成立した。なかでも唐初期に南山大師道宣(どうせん)の開いた南山律宗は、本来は部派仏教の四分律を大乗的に受容し、長く命脈を保った。南山律宗を受けた鑑真(がんじん)は、12年間の苦難のすえ日本に渡り、754年(天平勝宝6)東大寺に入った。そしてここに戒壇院(かいだんいん)を設けて、日本における授戒の根本道場とし、759年(天平宝字3)唐招提寺(とうしょうだいじ)を開創し、戒律研究の中心とした。日本における授戒は鑑真にまかされ、日本の律宗が発足した。また九州大宰府(だざいふ)の観世音寺(かんぜおんじ)と下野(しもつけ)(栃木県)の薬師寺にも戒壇が設けられ、正式の僧になろうとする者はこの3戒壇のいずれかで受戒の儀式を行わねばならなかった。
 百済(くだら)の仏教が戒律を重視していたこともあって、日本の仏教でも伝来当初から戒律が重視されていた。戒律の条項は、在家には五戒と六斎日(ろくさいにち)に守るべき八戒、出家には沙弥(しゃみ)・沙弥尼の十戒、学法女の六法、比丘・比丘尼の具足戒(ぐそくかい)(比丘は二百五十戒、比丘尼は三百四十八戒)の区別がある。比丘・比丘尼はそれぞれの戒律を守ることを誓う(受戒)儀式を、10人の正式な僧(辺地で5人)の立会いのもとで行うことによって初めてそれぞれの資格が認められた。鑑真以前は受戒の儀式も教えどおり行われず、私度僧(官許を得ていない僧)も増え、儀式制度の確立が必要であった。このために来日を要請されたのが鑑真で、戒壇が設立されると授戒は鑑真に任されることになった。
 日本では律宗は、仏教で重視される経・律・論のうち律を、戒・定(じょう)・慧(え)のうち戒を中心とするため戒律宗ともよばれる。平安初期、天台宗が四分律を用いず、大乗戒のみによる大乗戒壇設立を行ったこともあり、律宗は衰退したが、平安末期には戒律の復興の必要性が痛感され、中ノ川実範(じちはん)(?―1144)はその復興に着手した。覚盛(かくじょう)は「自誓受戒(じせいじゅかい)」制度の確立により唐招提寺中興の祖とされる。ほかに、泉涌寺(せんにゅうじ)開山俊(しゅんじょう)は入宋(にっそう)して北京律(ほっきょうりつ)を伝えた。西大寺(さいだいじ)の叡尊(えいぞん)、忍性(にんしょう)の系統は密教と結び付き、現在は真言律宗(しんごんりっしゅう)と称しており、唐招提寺系が律宗を公称する。
 律宗は寺院数28、教師数17、信者数2万3950。真言律宗は寺院数91、教師数128、信者数10万2400(『宗教年鑑』平成26年版)。[田村晃祐]
『石田瑞麿著『日本仏教における戒律の研究』(1963・在家仏教協会) ▽細川涼一著『中世の律宗寺院と民衆』(1987・吉川弘文館) ▽佐藤達玄著『律宗要綱』(1994・大蔵出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の律宗の言及

【唐招提寺】より

…奈良市五条町にある律宗の総本山。古くは唐律招提寺ともいわれ,単に招提寺ともいう。…

【南都六宗】より

…奈良六宗ともいう。8世紀に官大寺などで研究されていた三論宗,成実(じようじつ)宗,法相(ほつそう)宗俱舎(くしや)宗華厳(けごん)宗律宗の六宗を指す。六宗の成立以前に華厳宗を除く五宗が成立していたことは,718年(養老2)10月の太政官符に〈五宗の学,三蔵の教〉とあることからもうかがわれ,藤原氏祖先の伝記である《家伝》(鎌足伝)も藤原鎌足が飛鳥元興(がんごう)寺に五宗の研究の費用を寄付したと伝えている。…

※「律宗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

律宗の関連キーワード京都府京都市中京区壬生梛ノ宮町大阪府大阪市住吉区帝塚山東奈良県大和郡山市額田部寺町福島県いわき市小川町上小川和歌山県橋本市隅田町下兵庫兵庫県南あわじ市八木国分奈良県磯城郡田原本町秦庄奈良県奈良市西大寺芝町奈良県奈良市般若寺町奈良県奈良市小川町大阪府八尾市教興寺東京都板橋区大和町奈良県生駒市有里町奈良県生駒市俵口町奈良県生駒市門前町奈良県生駒市上町熊本県玉名市築地了祥比丘尼佐伯 悟竜佐伯悟竜

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

律宗の関連情報