コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元良信太郎 もとら しんたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

元良信太郎 もとら-しんたろう

1882-1946 明治-昭和時代の造船工学者,経営者。
明治15年8月26日生まれ。三菱長崎造船所にはいり,造船設計にあたる。高性能の船舶横揺れ防止装置を開発し,大正15年学士院賞。昭和18年三菱重工業社長となり,のち三菱製鋼社長。昭和21年11月1日死去。65歳。東京出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の元良信太郎の言及

【スタビライザー】より

…航走中に船が横揺れすると,ひれにある迎え角で海水が流入して,横揺れを妨げる方向の揚力が発生する。このようなフィンスタビライザーは1923年,日本の元良信太郎によって発明され,対馬航路の睦丸などに装備されたのが最初である。元良式フィンスタビライザーでは,別の小さなジャイロで船の横揺れを検出し,それによってひれの迎え角を制御し,ひれの発生する揚力が常時,有効に減揺効果を生ずるようくふうされていた。…

※「元良信太郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

元良信太郎の関連キーワード昭和時代経営者明治

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android