コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元重 もとしげ

大辞林 第三版の解説

もとしげ【元重】

鎌倉末期・南北朝時代の備前長船の刀工。古元重と称する作のほか、伯州住と銘した作がある。生没年未詳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の元重の言及

【長船物】より

…長光の子あるいは弟子に景光,真長(さねなが),近景,景光の子に兼光がおり,いずれも名作をのこしている。南北朝時代には兼光の系統に倫光(ともみつ),政光,基光などがおり,この正系以外に別系と思われるものも現れ,長義系の長重・長義・兼長,元重系の元重・重真,山城国大宮から備前に移住したという大宮系の盛景・盛重などが活躍,隆盛をみた。室町初期の長船物は応永備前の呼称があり,その代表工に盛光,康光がいる。…

※「元重」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

元重の関連キーワードNeXT Software社金沢文庫(かねさわぶんこ)核燃料サイクル開発機構音阿弥(おんあみ)ケイ(珪)素樹脂観世小次郎信光復興推進委員会恋女房染分手綱観世十郎元雅認定された罪南北朝時代上田 宗源枚田弥兵衛金沢貞顕東邦銀行富山銀行世界経済開元通宝海東通宝鎌倉街道

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android