コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南北朝(読み)ナンボクチョウ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

南北朝

1333年の鎌倉幕府滅亡後、後醍醐天皇足利尊氏が対立。36年、尊氏が京都に光明天皇を擁立したため、後醍醐天皇は奈良の吉野に逃れた。以後、57年間、朝廷は京都の北朝と吉野の南朝に分かれ、互いに争ったが、92年に南北朝が合一した。戦前は政府によって南朝が正統とされた。

(2009-07-18 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

南北朝【なんぼくちょう】

中国でからにいたる中間の時代をさし,5―6世紀,南北に漢族と異民族の王朝が対立した。南朝は東晋のあと,と交替。北朝は北魏の統一を経て,2国に分裂したが,再び北周が統一。隋が受け継ぎ589年陳を滅ぼし,天下を統一。→魏晋南北朝時代六朝文化
→関連項目オケオ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南北朝の関連情報