コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南北朝 ナンボクチョウ

4件 の用語解説(南北朝の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なんぼく‐ちょう〔‐テウ〕【南北朝】

南朝北朝
南北朝時代

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

南北朝

1333年の鎌倉幕府滅亡後、後醍醐天皇足利尊氏が対立。36年、尊氏が京都に光明天皇を擁立したため、後醍醐天皇は奈良の吉野に逃れた。以後、57年間、朝廷は京都の北朝と吉野の南朝に分かれ、互いに争ったが、92年に南北朝が合一した。戦前は政府によって南朝が正統とされた。

(2009-07-18 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

南北朝【なんぼくちょう】

中国でからにいたる中間の時代をさし,5―6世紀,南北に漢族と異民族の王朝が対立した。南朝は東晋のあと,と交替。北朝は北魏の統一を経て,2国に分裂したが,再び北周が統一。
→関連項目オケオ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

なんぼくちょう【南北朝】

南朝と北朝。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南北朝の関連キーワード万里小路藤房北畠具行元弘の変建武の中興太田貞連金持景藤弘真中院定平名和基長万里小路季房

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

南北朝の関連情報