コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先込め銃 さきごめじゅうmuzzle loader

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

先込め銃
さきごめじゅう
muzzle loader

銃口から弾丸を装填する銃。前装銃とも呼ばれる。銃口から火薬を注入し,その上から薄皮,布切れ,紙片等で包まれた鉛の円弾を,洗い矢(棒)で押して装填した。のちには施条されたが,ほとんどは滑腔であった。19世紀前半から中期に,後装銃,後装砲が登場すると,旧式化した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone