コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薄皮 ウスカワ

デジタル大辞泉の解説

うす‐かわ〔‐かは〕【薄皮】

薄い膜のような皮。
薄皮饅頭(まんじゅう)」の略。
女性などの、透き通るように色白の肌。
「鬢(びん)の毛半(なか)ば白くなっているが、全体―の色白で」〈小杉天外・初すがた〉
経木(きょうぎ)のこと。

はく‐ひ【薄皮】

薄い皮。うすかわ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うすかわ【薄皮】

物の表面をおおう薄い膜。 「枝豆の-」
皮の薄い饅頭まんじゆうや餅。 「 -饅頭」
女性などの皮膚が白く、きめの細かいこと。 「顔の他の部分は日に焼けてはゐたが、-だけに却て見所が有つた/あひびき 四迷
経木きようぎのこと。
[句項目]

はくひ【薄皮】

薄い皮。うすかわ。
外皮 」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

薄皮の関連キーワードテグム(大【きん】)キャロットオレンジ雲呑・雲吞・饂飩ギョーザ(餃子)四六のまんじゅうブール・ダマンド山田屋まんじゅう野根まんじゅう赤羽まんじゅう高遠まんじゅう腹太餅・腹太餠マロングラッセ柏屋薄皮饅頭八幡ぎょうざ鶉焼き・鶉焼日向かぼちゃヤッサ饅頭むらすゞめまんじゅう桜餅・桜餠

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

薄皮の関連情報