薄皮(読み)ウスカワ

大辞林 第三版の解説

うすかわ【薄皮】

物の表面をおおう薄い膜。 「枝豆の-」
皮の薄い饅頭まんじゆうや餅。 「 -饅頭」
女性などの皮膚が白く、きめの細かいこと。 「顔の他の部分は日に焼けてはゐたが、-だけに却て見所が有つた/あひびき 四迷
経木きようぎのこと。
[句項目] 薄皮の剝けたよう

はくひ【薄皮】

薄い皮。うすかわ。
外皮」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

薄皮の関連情報