コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光コンピューター ひかりこんぴゅーたー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

光コンピューター

コンピューターにおける演算処理や情報伝送に、電子ではなく、光を使うコンピューター。光には、並んだり交差したりしながら進める特性があるので、電子に比べて高速なデータ伝送が可能とされる。ただし、光コンピューター自体はまだ研究途上の段階で、実用化には至っていない。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひかり‐コンピューター【光コンピューター】

電子の代わりに光を用いるコンピューター。光の高速性や並列性を利用して、伝送や演算を超高速化・超大容量化しようというもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひかりコンピューター【光コンピューター】

各種演算・データ伝送に電気信号ではなく光信号を用いるコンピューター。超高速の情報処理が可能となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の光コンピューターの言及

【コンピューター】より


[素子の物理による分類]
 現在のコンピューターは電子回路素子を使うが,光機能素子を使うコンピューターの研究が進められている。区別して,光コンピューターという。
[素子の機能による分類]
 内部情報をすべて0,1のように離散化,つまりディジタル化して扱うものをディジタルコンピューターと呼ぶ。…

【コンピューターアーキテクチャー】より

…しかし,そのアイデアは一部スーパースカラー方式やマルチプロセッサーなどに生かされている。データフローコンピューターが非ノイマン型コンピューターの代表例であるが,他に光コンピューターや量子コンピューターなども研究されている。
【コンピューターアーキテクャー用語集】
CISCとRISC個々の機械命令の機能レベルを高く設定した方式をCISC(Complex Instruction Set Computer),低く設定した方式をRISC(Reduced Instruction Set Computer)と呼ぶ。…

※「光コンピューター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

光コンピューターの関連キーワード非ノイマン型コンピューターフォトニック結晶情報処理光信号

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android