コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電子 でんし electron

翻訳|electron

9件 の用語解説(電子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電子
でんし
electron

エレクトロンともいう。すべての物質の構成要素をなす安定な素粒子で,レプトンの1種。電子は 19世紀末に J.J.トムソンにより真空放電陰極線を形成する負電荷の粒子として発見され,やがて光電効果β崩壊の際に放出される負電荷の粒子も電子であることが判明した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

電子

素粒子の中で電荷を持つ一番軽い粒子。-1.602×10^-19C(クーロン)の負の電荷を持ち、質量は陽子や中性子の約1840分の1、スピン量子数は2分の1。記号eまたはe^-で表される。原子や分子内では、電子は原子軌道分子軌道呼ばれる特定の形をした空間内に分布し、各軌道にはパウリの原理に基づき、スピンの異なる2個の電子が入ることができる。電子の空間的な広がりエネルギーの大きさがほぼ等しい原子軌道はまとめて電子殻として分類される。電子分布が原子核の近くにあるものからK殻、L殻、M殻、……と名付けられ、それぞれ2、8、18、……個の電子が収容される。よりエネルギーの低い内側の電子殻からその数が満たされて閉殻となる。最も外側にある電子殻(最外殻)や遷移元素の内側の電子殻は閉殻とは限らず、特に最外殻に残る電子の数が物質の化学的性質を左右する。分子の場合も、一番外側にある電子の軌道が化学反応などに重要な役割を果たしている。これを福井謙一フロンティア軌道理論という。物質の光との関わりや磁気的な性質は電子状態と深い関係にある。また電流の流れは電子の移動によるもので、電極反応酸化還元反応(酸化/還元)は物質間の電子の授受に起因する。このように物性には物質中の化学結合にあずかる電子や、電気伝導に関わる電子(伝導電子)の分布状態が深く関与している。

(市村禎二郎 東京工業大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

でん‐し【電子】

原子内で、原子核の周りに分布して負の電荷をもつ素粒子。電子数は原子番号に一致する。質量は陽子の約1800分の1で9.109×1031キロ、電荷は-1.602×1019クーロン。記号eエレクトロン。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

電子【でんし】

エレクトロン。素粒子の一つ。質量9.1094×10(-/)28g,電荷−1.602×10(-/)19クーロン(−4.8029×10(-/)1(0/)CGS静電単位),スピン1/2。
→関連項目オプトエレクトロニクス原子原子核磁気モーメントスピン電荷電気素量モルレプトン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

電子

 原子を構成する荷電粒子の一つ.荷電は負.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

素粒子事典の解説

電子

記号電荷質量スピンパリティ寿命分類
e--10.51 MeV1/2無限大軽粒子
★記号★

原子を構成している素粒子。化学反応やエレクトロニクスで本質的な役割を果たす。最も軽い荷電粒子。電荷が保存する(消滅しない)と考えると電子は,単独では,未来永劫に安定で不滅であることになる。

出典|素粒子事典
(C) Copyright 1996-2010 Sadaharu UEHARA and Junpei SHIRAI
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

でんし【電子 electron】

エレクトロン,β粒子ともいう。物質を構成する基本的素粒子の一つ。記号e。質量(静止質量)meme=9.109390×10-31kgで,電気素量に等しい大きさの負の電荷-e=-1.6021773×10-19Cをもつ。スピンは1/2でフェルミ統計に従い(フェルミ粒子),パウリの原理によって2個以上の電子が同じ量子力学的状態をとることはできない。 電子は19世紀後半に陰極線として発見され,いわゆる発見された素粒子としては最初のものであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

でんし【電子】

素粒子の一。記号 e  負の電気素量をもち、スピン 1/2 、質量 9.1×10-31 kg で安定。レプトンに属する。原子核のまわりに分布して原子を構成。物質内の電子の状態は物質の性質を決める重要な要素であり、またすべての電磁気的現象の根源である。エレクトロン。 〔「英仏独和哲学字彙」(1912年)に英語 electron の訳語として載るのが早い例〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電子
でんし
electron

素粒子の一種。eまたはe-の記号を用いる。陽子(=プロトン。水素の原子核)の約1800分の1の質量で、陽子の電荷と大きさが等しく逆符号の負電荷をもち、他の粒子への崩壊が観測されていない安定な粒子であり、物質を構成する原子の重要な構成要素になっている。中性の原子の中心には、原子の質量のほとんどを担った非常に小さな大きさの原子核が存在し、その周りを、核の正電荷を打ち消すだけの、原子番号に等しい個数の電子が運動している。このような原子の描像が確立したのは、ラザフォードによる原子核の発見と、それに引き続いた1910年代から20年代へかけての量子力学の成立によっている。しかし既知の粒子とは異なる新しい実体として電子の存在が確立したのは、19世紀の末であり、電子が関与するさまざまな現象の研究を通じてこれがなされた。現代の先端技術は、電子の性質を応用したものが多い。[藤井寛治]

エレクトロンという名称の由来

適当な2物体を互いに摩擦すると、それらが帯電する現象は、古い記録にも残されている。英語で電子をエレクトロンといい、この単語はギリシア語源でこはくを意味している。こはくが摩擦により帯電することから、摩擦により生じるもの、電気を意味するものになった。このような帯電現象は、互いに触れ合った2物体の間で電荷の分布が変わる、いいかえれば電子の再配置がなされるために生じる。摩擦は、物質中を動きやすい電子を再配置させるための単なる手段にすぎないのである。[藤井寛治]

電子の発見

電子の存在は、真空放電での陰極線の研究を軸にして確立された。1836年にファラデーが真空放電の研究を始め、その後19世紀の中ごろ、ドイツの物理・数学者プリュッカーが、自分で考案して技師ガイスラーに頼んでつくった放電管を用いて本格的研究を始めた。プリュッカーは、陰極に近いガラス壁が蛍光を放つことを発見し、それを一種の放射線が陰極から出ているために生じると考え、その放射線が磁石の作用で曲げられることもみつけた。この陰極線の本性をめぐって多くの研究がなされ、19世紀末にようやく、J・J・トムソンやH・A・ローレンツらの寄与により、電子というそれまで知られていなかった粒子の流れであることが確定した。
 トムソンは、回転鏡を用いて陰極線の速さを決め、それが電磁波(光)の伝わる速さの100分の1以下であることを示し、陰極線がエーテル(電磁波の媒体)の振動であるという説を否定した(1894)。翌年ペランは陰極線を金属箱にとらえ、箱が負に帯電することを示した。トムソンは、陰極線が負の電荷をもつ粒子からなると仮定して、粒子の比電荷e/me(ここでeは粒子の電荷の絶対値、meはその質量)を、いろいろな条件(粒子を放出する陰極の物質や陰極線管のなかの気体を変えるなど)のもとで測定したところ、水素イオンの比電荷の約1000倍もの大きな値が得られた。その後、電荷eそのものを測定し、水素イオンの電荷とほぼ同じ大きさであることを示した。こうして、陰極線の粒子は、それを放出する陰極の物質によらず1種類で、原子よりはるかに小さな質量をもつことがわかった。
 一方、ナトリウム炎を磁場の間に置くと、スペクトルのD線が広がることをゼーマンが発見した(1896)。ローレンツは次のような説明を与えた。原子内に軽いイオンがあり、原子内を支配する力の法則に従って周期運動をしており、その振動数をもつ光を放出する。ここに外部から磁場が加えられると、陰極線粒子が受けるのと同種の力を軽いイオンが受けて運動の振動数が変わる。その結果、原子から放出される光のスペクトル線が分離する。ローレンツは、軽いイオンの比電荷ei/mieiは軽いイオンの電荷の絶対値、miはその質量)と外からかけた磁場の大きさとの積に比例した量だけずれた振動数がさらに加わることを示した。ゼーマンはこれに従って比電荷を実験から決めた。その後ローレンツは、光の屈折率に関する自分の理論からei2/miを求め、ゼーマンの測定値と組み合わせてeimiを別々に決め、これらの数値がトムソンの得た値とほぼ一致することを示した。こうして、原子内にあって、その質量の小さな部分を占めるにすぎないけれども、原子からの光の放出や、元素の化学的・物理的性質を決めるうえで重要な役割を果たす新しい実体としての電子の存在が明らかになった。[藤井寛治]

放射能とβ線

1896年ベックレルは、ウラン化合物が外からの励起なしに放射線を出す現象として放射能を発見した。その後、彼は、放射線のなかで比較的透過力の大きい電荷をもつβ(ベータ)線が、陰極線粒子と同じものであることを確証した(1900)。この電子(またはその反粒子の陽電子)は、原子核に束縛されて原子内を運動する電子ではなく、核を構成する中性子や陽子が転化する際に伴うものである(たとえば、中性子→陽子+電子+中性微子(ニュートリノ))。1932年に中性子が発見される以前には、原子核が陽子と電子の結合状態であり、その電子がβ線として放出されると考えられたが、実験事実との決定的な矛盾が生じていた。[藤井寛治]

電子の性質

1928年ディラックは、電子が従う相対論的波動方程式を与え、電子の反粒子である陽電子(ポジトロン)の存在を予言し、4年後に宇宙線の粒子軌跡から確認された。この理論によれば、電子は固有の角運動量/2(h/2π、hはプランク定数)、磁気モーメントの大きさe/(2me)(これをボーア磁子またはボーア・マグネトンとよび、μBと書く)をもつことになる。ところが後者の実験値は、わずかにずれている。このずれ、すなわち異常磁気モーメントは、電子が光子(フォトン)の雲を周りに着るという量子力学的な効果によるものと理解されており、量子電磁力学に従った計算結果と非常によい一致が得られている。この計算では、電子は広がりをもたない点粒子とみなされているので、理論と実験のよい一致は、電子がそのコンプトン波長に比べて非常に小さい広がり(10-16cm)しかもちえないことを示している。この事実は、たとえば陽子は、コンプトン波長2.1×10-14cm程度の広がりと、異常磁気モーメントが核磁子(核マグネトン)e/(2mp)単位で(mpは陽子の質量)1.79という大きな値をもつことときわめて対照的である。電子や陽子の電荷の大きさよりも小さな電気量は直接に観測されていないが、陽子などを構成する基本的な実体(クォーク)がより小さなe/3単位の電荷をもつことが理論的に示され、20世紀末までにそれが実験からも確かめられた。将来、高エネルギーの素粒子反応の研究によって電子の構造が問題になり、電荷の素量性についての新しい知識も得られるであろうと考えられている。[藤井寛治]
『スティーブン・ワインバーグ著、本間三郎訳『電子と原子核の発見 20世紀物理学を築いた人々』(1986・日経サイエンス社) ▽小川岩雄著『物理学One Point29 原子と原子核』(1990・共立出版) ▽西尾成子著『ポピュラー・サイエンス こうして始まった20世紀の物理学』(1997・裳華房) ▽岸野正剛著『ポピュラー・サイエンス 電子はめぐる――先端エレクトロニクスとその開拓者たち』(1998・裳華房) ▽菊池正士著『原子核の世界』(岩波新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の電子の言及

【ストーニー】より

…52年ゴールウェイのクイーンズ・カレッジ教授,57年ダブリンのクイーンズ・カレッジ教授。74年電気分解のイオンの帯電量を計算し電気素量の存在を主張,のちこの素量を〈electron〉と名づけた。スペクトル線と原子内の振動状態の関係の研究,ケルビン,J.ロシュミットに先だった分子の大きさの概算などの研究もある。…

【化学結合】より

…たとえば,J.J.ベルセリウスの電気的二元説(1820ころ),F.A.ケクレの炭素四原子価説(1858),J.H.ファント・ホフ,ル・ベルJoseph Achille Le Bel(1847‐1930)らの炭素原子の結合の手が正四面体の中心から頂点の方向に伸びているという四面体説(1874),A.ウェルナーの配位説(1893),さらにはR.アベックの主原子価と副原子価の和が8になるという八の法則(1904)などがあり,原子には固有の原子価があることがわかってきた。19世紀末に電子が発見され,20世紀に入ってそれまで不可分とされていた原子が,原子核と電子から成ることがわかってくると,種々の原子模型が提出された。そのなかで画期的な成功を収めたものがN.H.D.ボーアの原子模型(1913)で,これに基づいてG.N.ルイスの原子価論,W.コッセルの原子価論(ともに1916)が提出され,現代の原子価概念の基礎がほぼ確立し,化学結合における電子の役割が注目されるようになった。…

【原子】より

…物質の基本的な構成要素。もともとはこれ以上分割できない恒常不変な最小のものと考えられていたが,20世紀初期に原子核と電子とから構成されていることが明らかにされた。また,原子内の状態もいろいろに変わりうることがわかり,その後,さらに原子核が陽子と中性子とから構成されていることも明らかとなった。…

【素粒子】より

…これが原子である。原子は確かに物質を構成する基本粒子であり,化学的性質を保つ最小の単位ではあったが,しかし20世紀に入ると,この原子はそれ自身決して分割不可能なものでなく,中心に原子核という小さな粒子があって,そのまわりをいくつかの電子という小さな粒子が回っていることが明らかにされ,さらに原子核も陽子と中性子の複合体であることがわかった。このように物理学が対象とした万物が原子からなり,その原子がすべてこの3種類の小さな粒子(陽子,中性子,電子)でできているとすれば,これらの小さな粒子こそ,もっとも基本的なものであり,このためこれらの粒子は自然を構成する素元的な粒子という意味で〈素粒子〉と呼ばれるに至ったのである。…

【トムソン】より

…最終的には,磁場と静電場を使用しての陰極線の屈曲実験から負の荷電粒子の比電荷を確定し,陰極線の本性が電離した水素原子の比電荷のおよそ1000倍もの比電荷をもつ物質であることを明らかにした。97年に行われたこの電子の発見は,原子よりも小さな最小単位の存在を実験的に確証することによって,20世紀の原子物理学への扉を開いた。1906年には,これら一連の研究によりノーベル物理学賞を受賞。…

※「電子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

電子の関連キーワードΞ粒子Σ粒子対消滅Λ粒子反τ粒子V粒子ミュー粒子グザイ粒子軽粒子(レプトン)電荷の保存

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

電子の関連情報