コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八方睨み ハッポウニラミ

2件 の用語解説(八方睨みの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はっぽう‐にらみ〔ハツパウ‐〕【八方×睨み】

四方八方へ目を配ってにらみをきかせること。
画像などの目がどの方向から見てもにらんでいるように見えること。また、そのような画像。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はっぽうにらみ【八方睨み】

あらゆる方向に目を向けること。 「ぬつと出す顔は、-の大眼おおまなこ/五重塔 露伴
画像などの目が、どの方向から見てもその方向を見ているように見えること。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone