コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公労法 コウロウホウ

大辞林 第三版の解説

こうろうほう【公労法】

旧「公共企業体等労働関係法」の略称。 → 国営企業労働関係法

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

公労法
こうろうほう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の公労法の言及

【国営企業労働関係法】より

… 1948年に制定された公共企業体労働関係法は,公社とされた二つの公共企業体,国鉄および専売公社の労働関係を規律することを目的としていた。52年の法改正は,新たに公社とされた電電公社と五現業(上記の4事業とアルコール専売事業)とを規律の対象に加えることとし,法律の名称も公共企業体等労働関係法となった(公労法と略称する)。こうして,公務員でない三公社の職員と公務員たる五現業の職員の労使関係が,公労法の下に統一的に規律されることとなったが,本法の制定には国家公務員法の改正をも伴った。…

※「公労法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

公労法の関連キーワード特定独立行政法人等の労働関係に関する法律公共企業体等労働組合協議会国営企業等労働組合協議会地方公営企業労働関係法公共企業体等労働委員会国営企業労働関係法全逓信労働組合国際労働機関国鉄労働組合労働組合法公共企業体仲裁裁定公営事業峯村光郎公労協国労

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android