コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公衆データ網(読み)こうしゅうでーたもう

世界大百科事典 第2版の解説

こうしゅうデータもう【公衆データ網 public data network】

1970年代まで,少数の大型コンピューターと多数の端末から構成されるコンピューターネットワークの開発がさかんに行われた。しかし,各コンピューターの製造会社が独自のプロトコルを開発したため,相互接続ができないという問題が発生した。これに対し,ジュネーブに本部をもつ国際電信電話諮問委員会CCITT。現在の国際電気連合,ITU-T)はプロトコルの標準化を行い,76年にはパケット交換網インターフェースとしてX.25プロトコルを勧告した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android