コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公衆データ網 こうしゅうでーたもう

2件 の用語解説(公衆データ網の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

公衆データ網

公共機関や企業が、一般のユーザーに開放しているデータ網のこと。一定の料金を支払うことで利用できる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こうしゅうデータもう【公衆データ網 public data network】

1970年代まで,少数の大型コンピューターと多数の端末から構成されるコンピューターネットワークの開発がさかんに行われた。しかし,各コンピューターの製造会社が独自のプロトコルを開発したため,相互接続ができないという問題が発生した。これに対し,ジュネーブに本部をもつ国際電信電話諮問委員会(CCITT。現在の国際電気連合,ITU-T)はプロトコルの標準化を行い,76年にはパケット交換網インターフェースとしてX.25プロトコルを勧告した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

公衆データ網の関連キーワードノイマン型コンピューター汎用コンピューター非ノイマン型コンピューターホスト大型コンピューターテレコンピューティングラップトップコンピューター汎用大型コンピューター

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone