コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一定 イチジョウ

5件 の用語解説(一定の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いち‐じょう〔‐ヂヤウ〕【一定】

[名]確かにそれと決まっていること。
[副]まちがいなく。必ず。きっと。
「往生は―と思へば―、不定(ふぢゃう)と思へば不定なり」〈徒然・三九〉
「かほどの大男のことなれば、―武勇も人に超えつろう」〈芥川・きりしとほろ上人伝〉

いっ‐てい【一定】

[名](スル)
一つに定まって変わらないこと。「一定の分量」「一定の収入」
順序や方法などが決まっていること。「一定の書式」「一定の方針」
ある傾向・状態に落ち着くこと。「一定した人気を保つ」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一定 いちじょう

884-947 平安時代中期の僧。
元慶(がんぎょう)8年生まれ。聖宝(しょうぼう)に真言と三論を学ぶ。東大寺東南院主をへて,天慶(てんぎょう)5年醍醐(だいご)寺の座主(ざす)。8年泰舜(たいしゅん)の代役として太元帥法(たいげんのほう)をつとめ,僧綱の位にない者がおこなう初例となる。権(ごんの)律師,東寺二長者。天慶10年2月9日死去。64歳。名は壱定ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

いちじょう【一定】

( 名 )
確かにそうと定まっていること。 「往生は-と思へば-,不定と思へば不定なり/徒然 39」 「遅延するは-なり/八十日間世界一周 忠之助
( 副 )
確かに。必ず。きっと。 「 -相違ござりませぬ/桐一葉 逍遥

いってい【一定】

( 名 ) スル
一つに決まっていて変わらないこと。また,決まっているもの。 「価格が-している」 「 -の分量」
同じ状態,一つの様式に決めること。また,決めたもの。 「 -の書式」 「間隔を-にする」
ある程度。 「 -のレベルを保っている」 「 -評価できる」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一定の関連キーワード円快豊栄円宗千枝有綱尋空忠貞王長秀源清蔭明祐

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一定の関連情報