コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一定 イチジョウ

デジタル大辞泉の解説

いち‐じょう〔‐ヂヤウ〕【一定】

[名]確かにそれと決まっていること。
「往生は―と思へば―、不定(ふぢゃう)と思へば不定なり」〈徒然・三九〉
[副]まちがいなく。必ず。きっと。
「かほどの大男のことなれば、―武勇も人に超えつろう」〈芥川・きりしとほろ上人伝〉

いっ‐てい【一定】

[名](スル)
一つに定まって変わらないこと。「一定の分量」「一定の収入」
順序や方法などが決まっていること。「一定の書式」「一定の方針」
ある傾向・状態に落ち着くこと。「一定した人気を保つ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一定 いちじょう

884-947 平安時代中期の僧。
元慶(がんぎょう)8年生まれ。聖宝(しょうぼう)に真言と三論を学ぶ。東大寺東南院主をへて,天慶(てんぎょう)5年醍醐(だいご)寺の座主(ざす)。8年泰舜(たいしゅん)の代役として太元帥法(たいげんのほう)をつとめ,僧綱の位にない者がおこなう初例となる。権(ごんの)律師,東寺二長者。天慶10年2月9日死去。64歳。名は壱定ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちじょう【一定】

( 名 )
確かにそうと定まっていること。 「往生は-と思へば-、不定と思へば不定なり/徒然 39」 「遅延するは-なり/八十日間世界一周 忠之助
( 副 )
確かに。必ず。きっと。 「 -相違ござりませぬ/桐一葉 逍遥

いってい【一定】

( 名 ) スル
一つに決まっていて変わらないこと。また、決まっているもの。 「価格が-している」 「 -の分量」
同じ状態、一つの様式に決めること。また、決めたもの。 「 -の書式」 「間隔を-にする」
ある程度。 「 -のレベルを保っている」 「 -評価できる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一定の関連キーワードフラクションコレクターストックオプション安定人口・静止人口プットオプションコールオプション外貨オプションヘンリーの法則エンデミック太陽同期軌道先物為替取引賃金基金説保持殺菌法定期乗車券クロソイド根抵当権入会漁業現先取引計数貨幣定期払い傭船契約

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一定の関連情報