コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六十干支 ロクジッカンシ

2件 の用語解説(六十干支の意味・用語解説を検索)

とっさの日本語便利帳の解説

六十干支

干支(えと。十干と十二支組み合わせ)▽甲子(こうし/きのえね)、乙丑(おっちゅう/きのとうし)、丙寅(へいいん/ひのえとら)、丁卯(ていぼう/ひのとう)、戊辰(ぼしん/つちのえたつ)、己巳(きし/つちのとみ)・庚午(こうご/かのえうま)、辛未(しんび/かのとひつじ)、壬申(じんしん/みずのえさる)、癸酉(きゆう/みずのととり)、甲戌(こうじゅつ/きのえいぬ)、乙亥(おつがい/きのとい)、丙子(へいし/ひのえね)、丁丑(ていちゅう/ひのとうし)、戊寅(ぼいん/つちのえとら)、己卯(きぼう/つちのとう)、庚辰(こうしん/かのえたつ)、辛巳(しんし/かのとみ)、壬午(じんご/みずのえうま)、癸未(きび/みずのとひつじ)、甲申(こうしん/きのえさる)、乙酉(おつゆう/きのととり)、丙戌(へいじゅつ/ひのえいぬ)、丁亥(ていがい/ひのとい)、戊子(ぼし/つちのえね)、己丑(きちゅう/つちのとうし)、庚寅(こういん/かのえとら)、辛卯(しんぼう/かのとう)、壬辰(じんしん/みずのえたつ)、癸巳(きし/みずのとみ)、甲午(こうご/きのえうま)、乙未(おつび/きのとひつじ)、丙申(へいしん/ひのえさる)、丁酉(ていゆう/ひのととり)、戊戌(ぼじゅつ/つちのえいぬ)、己亥(きがい/つちのとい)、庚子(こうし/かのえね)、辛丑(しんちゅう/かのとうし)、壬寅(じんいん/みずのえとら)、癸卯(きぼう/みずのとう)、甲辰(こうしん/きのえたつ)、乙巳(おっし/きのとみ)、丙午(へいご/ひのえうま)、丁未(ていび/ひのとひつじ)、戊申(ぼしん/つちのえさる)、己酉(きゆう/つちのととり)、庚戌(こうじゅつ/かのえいぬ)、辛亥(しんがい/かのとい)、壬子(じんし/みずのえね)、癸丑(きちゅう/みずのとうし)、甲寅(こういん/きのえとら)、乙卯(おつぼう/きのとう)、丙辰(へいしん/ひのえたつ)、丁巳(ていし/ひのとみ)、戊午(ぼご/つちのえうま)、己未(きび/つちのとひつじ)、庚申(こうしん/かのえさる)、辛酉(しんゆう/かのととり)、壬戌(じんじゅつ/みずのえいぬ)、癸亥(きがい/みずのとい)

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

占い用語集の解説

六十干支

古代中国で発生した数詩。十干と十二支を組み合わせたもので、上に十干、下に十二支を配する。甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の十干と、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の十二支との最小公倍数より60の組み合わせがあり、年月日時にそれぞれ充てられ、時間の変化をあらわす。

出典|占い学校 アカデメイア・カレッジ
Copyright (C) 2007 AKADEMEIA COLLEGE All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

六十干支の関連キーワードカラーモデル干支十干十二支十二支華甲甲子支干十干専日飲合せ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

六十干支の関連情報