コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十二支 ジュウニシ

7件 の用語解説(十二支の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じゅうに‐し〔ジフニ‐〕【十二支】

暦法で、子(し)・丑(ちゅう)・寅(いん)・卯(ぼう)・辰(しん)・巳(し)・午(ご)・未(び)・申(しん)・酉(ゆう)・戌(じゅつ)・亥(がい)の称。これらを12の動物にあてはめて、日本では、(鼠)・うし(牛)・とら(虎)・(兎)・たつ(竜)・(蛇)・うま(馬)・ひつじ(羊)・さる(猿)・とり(鶏)・いぬ(犬)・(猪)とよぶ。時刻や方角を表すのに用い、また、十干(じっかん)組み合わせて年や日を表す。→干支(えと)
[補説]十二支に対応する動物・時刻・方角・月
十二支動物時刻方角月(陰暦)
子(し・ね)鼠(ねずみ)午前0時ごろ11月
丑(ちゅう・うし)牛(うし)午前2時ごろおよそ北北東12月
寅(いん・とら)虎(とら)午前4時ごろおよそ東北東1月
卯(ぼう・う)兎(うさぎ)午前6時ごろ2月
辰(しん・たつ)竜(りゅう)午前8時ごろおよそ東南東3月
巳(し・み)蛇(へび)午前10時ごろおよそ南南東4月
午(ご・うま)馬(うま)正午ごろ5月
未(び・ひつじ)羊(ひつじ)午後2時ごろおよそ南南西6月
申(しん・さる)猿(さる)午後4時ごろおよそ西南西7月
酉(ゆう・とり)鶏(にわとり)午後6時ごろ西8月
戌(じゅつ・いぬ)犬(いぬ)午後8時ごろおよそ西北西9月
亥(がい・い)猪(いのしし)午後10時ごろおよそ北北西10月
※上記のほか、北西の方角を戌亥(いぬい)、北東を丑寅(うしとら)、南東を辰巳(たつみ)、南西を未申(ひつじさる)とよぶ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

十二支【じゅうにし】

干支」のページをご覧ください。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

とっさの日本語便利帳の解説

十二支

古代中国で、十二宮に獣をあてた暦法。▽子(ね)、丑(うし)、寅(とら)、卯(う)、辰(たつ)、巳(み)、午(うま)、未(ひつじ)、申(さる)、酉(とり)、戌(いぬ)、亥(い)

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

占い用語集の解説

十二支

古代中国で発生した数詩で、時間と空間をあらわすのに使用される。十二支には「子」「丑」「寅」「卯」「辰」「巳」「午」「未」「申」「酉」「戌」「亥」がある。元々、十二支は順序をあらわす記号であったが、だんだんと十二生肖と組み合わさってゆき、子=鼠、丑=牛…となっていった。

出典|占い学校 アカデメイア・カレッジ
Copyright (C) 2007 AKADEMEIA COLLEGE All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じゅうにし【十二支】

暦法で,子・丑ちゆう・寅いん・卯ぼう・辰しん・巳・午・未・申しん・酉ゆう・戌じゆつ・亥がいの総称。古代中国に始まり,陰陽道と結びついて民間に広まった。一種の十二進法で,十干じつかんと合わせると六〇の組み合わせができ,生まれ年に配したりする。 → 干支えと十干

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十二支
じゅうにし

十干十二支」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十二支
じゅうにし

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の十二支の言及

【干支】より

…十干十二支のこと。古くは十日十二辰,十母十二子などともいった。…

【十二支像】より

…十二生肖,十二属ともいう。方位や時刻を表し,十干と組み合わせて歳時や人事の変化運用にあてる十二支(子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥)に配当された動物。つまり,ネズミ,ウシ,トラ,ウサギ,タツ,ヘビ,ウマ,ヒツジ,サル,トリ,イヌ,イノシシである。…

【十二類合戦物語】より

…近年,後崇光院筆《粉河寺縁起》の紙背(伏見宮家文書,1452年(享徳1)写)に,従来欠けていた巻頭部などが書き記されているのが見いだされ,この格調高い土佐派の絵巻の制作の背景や年代がほぼ明らかとなった。《本朝画史》記すところの1451年(宝徳3)六角益継筆の〈十二支獣作人間之事業図〉も,現存三巻本の絵巻と関わりの深いことが裏づけられ,永享・嘉吉の交に,すでに数本存したことが明らかとなった。 薬師十二神将の使者たる十二類(十二支の鳥獣)が月を題として歌合を催そうとするところへ,鹿が狸を伴って推参し,鹿は判者となり六番の歌合が行われ,乱舞(らつぷ),延年の宴となる。…

【数】より

… 12は宇宙的秩序を表す。占星術の黄道十二宮,東洋では十二支(干支)など,空間と時間,円や輪の動きと関係して回帰や循環も意味する。 13はキリスト教ではとくに災厄の数(13日の金曜日など)とされているが死と再生の象徴でもある。…

※「十二支」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

十二支の関連キーワード寛政暦貞享暦宝暦暦黒月白月暦家暦法元(暦法)章(暦法)《暦法新書》

今日のキーワード

参院選の日程

改選議員が任期満了を迎える7月25日の前30日以内に実施される。参院選を「18歳選挙」の対象とするためには6月20日以降の公示とする必要がある。投票日を通例の日曜日とすれば、候補は7月10日、17日、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

十二支の関連情報