コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内山嘉吉 うちやまかきち

世界大百科事典内の内山嘉吉の言及

【内山完造】より

…29年以来,北四川路にあった内山書店は魯迅の住居に近く,魯迅は内山書店を応接室がわりに利用していたほどであった。中国へ木版画技法を伝えた内山嘉吉は完造の末弟である。完造はまた軽妙な口語文や気どらない語り口の講演を得意とし,生きた中国人の姿を日本人に伝えた。…

【木刻】より

…1936年,病床につきながら魯迅は《コルビッツ版画選集》を出版している。彼の木刻運動において特筆すべきは,日本の内山完造と弟の内山嘉吉の2人である。1931年,内山嘉吉を請じて,上海において木刻講習会をひらき,革命美術の創造運動を深めていった。…

※「内山嘉吉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

内山嘉吉の関連キーワード神奈川県立近代美術館

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android