コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内皮細胞 ナイヒサイボウ

世界大百科事典内の内皮細胞の言及

【肝臓】より

…肝小葉を構成する細胞には類洞(洞様ともいう)細胞sinusoidal cellと実質細胞parenchymal cellがある。
[類洞細胞と類洞壁の構造]
 類洞細胞は,類洞腔,類洞壁,および類洞周囲に存在する4種の細胞の総称であり,内皮細胞,クッパー細胞,ビタミンA貯蔵細胞,およびピットセルが含まれる。内皮細胞endothelial cellは薄く広がって類洞壁を形づくる細胞で,ほぼ100nm直径の小孔が多数あき,血漿や小型のカイロマイクロンchylomicron(乳状脂粒ともいい,小腸のリンパ系で形成された血漿リポタンパク粒子)は自由にこの孔を通って類洞壁の外へ漏出する。…

※「内皮細胞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

内皮細胞の関連キーワードC型ナトリウム利尿ペプチド血流依存性血管拡張反応検査アンギオテンシン変換酵素フォン・ウィレブランド病血流依存性血管拡張反応コーナン・メディカルタイトジャンクションロイコチトゾーン病急性呼吸促迫症候群捏造認定された論文フェリド ムラドルイス イグナロファーチゴットビットルフ現象網膜静脈閉塞症リーシュマニアエンドセリンカポジー肉腫水疱性角膜症類脂質沈着症

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内皮細胞の関連情報