コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円キャリートレード えんきゃりーとれーどyen-carry trade

知恵蔵の解説

円キャリートレード

円の金利は現在、海外の通貨と比べて格段に低い。日本銀行が景気の下支えのために超金融緩和策を続けているためだ。こうした、低金利の円を調達(円借り)して、外国為替市場で米ドルや豪ドルといった金利の高い通貨に替え、その国の株式や債券などに投資、運用する取引を円キャリートレードという。金利差益や投資運用益が見込める。円借り取引とも呼ばれる。円を売って、高金利の外貨を買うため円安要因になる。投資家は最終的には調達した円を返済しなければならない。円を調達して米ドルで運用していて再び円資金に転換する場合、円安ドル高になっていたら、為替差益も入る。企業や個人が既に保有している円資産を外貨に交換して運用するのも「広義」の円キャリートレードとされている。なかでも存在感を増しているのが、個人が少ない元手で多額の外貨を売買し、金利差に応じた差益を稼ぐ外国為替証拠金取引(FX)で、大きな円安圧力となっている。担保として預ける証拠金の数百倍もの金額を取引できるが、為替が大きく変動した場合のリスクが大きい。円キャリートレードの定義はあいまいなうえ、調達した円資金にどの程度のレバレッジがかかっているかが不明であるため、実態をつかむのは難しい。日本の投資家による対外債券投資なども加えて、その規模は40兆円程度との推計もある。政府・日銀による円売り・ドル買い介入も広い意味で円キャリートレードの一種といえる。介入して得たドルを主に米財務証券で保有。結果的に低利の円を調達してドルに替え、相対的に高金利のドルで運用しているからだ。

(織田一 朝日新聞記者 / 2008年)

円キャリートレード

低金利通貨の円の売り持ち高(short position)、高金利通貨(ドル、ユーロ、英国ポンド、オーストラリアドルなど)の買い持ち高(long position)からなる投機的な外為持ち高の総称。持ち高の損益は2通貨の金利差益と直物為替相場の変動損益からなる。為替相場が円安に変動すれば、金利差益と為替益の双方を得ることができる。一方、金利差益以上に円高になればネットで損失が生じる。 為替先物取引、上場通貨先物、外為証拠金取引などのオフバランス取引で行う場合と、現物の円資金を借りて高金利通貨建ての資産に投資するオンバランス取引で行う場合とに大別される。1990年代後半にヘッジファンドがオフバランス取引で円キャリートレードの持ち高を拡大し、円安要因になった。2004年以降の円安でも内外で円キャリートレードの持ち高が拡大し、円安要因として注目されるようになった。ただし、円売り持ち高が大きく積み上がった後は、持ち高調整として円の買い戻しが生じ、しばしば急激な円高を引き起こすので、為替相場の波乱要因として金融当局は警戒している。

(竹中正治 (財)国際通貨研究所経済調査部長 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

円キャリートレード

低金利の円を借りて、金利が高い国の通貨に替え、その国の株式や債券、金融派生商品などに投資する取引。金利差益や投資運用益が期待でき、日本の低金利がしばらく続くとの見方から活発化している。円を売って高い金利の通貨を買うため、為替相場は円安傾向になる。

(2007-03-01 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

ワイジェイFX用語集の解説

円キャリートレード

比較的低金利の円で投資資金を借り受けて調達し、それを元に高金利の外貨で運用する手法です。主に機関投資家・ヘッジファンド等により行われます。円キャリートレードでの運用が増えすぎると、円売りによって円安をもたらす要因の1つになるとされています。

出典 ワイジェイFX株式会社ワイジェイFX用語集について 情報

FX用語集の解説

円キャリートレード

低金利の円資金を借り入れて、より高い利回りが期待できる資産で運用する取引のこと。

出典 (株)外為どっとコムFX用語集について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

円キャリートレード
えんきゃりーとれーど

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

円キャリートレードの関連キーワード円売りキャリートレード円(日本の貨幣単位)

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android