円頭大刀(読み)えんとうのたち

精選版 日本国語大辞典の解説

えんとう‐たち ヱントウ‥【円頭大刀】

〘名〙 柄頭(つかがしら)が丸みを帯びた形につくられた大刀。古墳出土品。柄頭は金銅製が多く、鉄地に銀象嵌(ぞうがん)をしたものもある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の円頭大刀の言及

【大刀】より

…鞘尾には,尾端を平坦に作り,ここに2個の蟹目釘(かにめくぎ)を打ったものと,尾端を丸く作ったものとがある。 金属装大刀を把頭の形式によって細分して,環頭大刀(かんとうのたち),円頭大刀(えんとうのたち),圭頭大刀(けいとうのたち),方頭大刀(ほうとうのたち),頭椎大刀(かぶつちのたち),鶏冠頭大刀などと呼ぶ。ただし把頭の形式に相違があるだけで,各部分の装具には共通する点が多い。…

※「円頭大刀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android