コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刃渡り ハワタリ

2件 の用語解説(刃渡りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

は‐わたり【刃渡り】

刃物の刃の長さ。「刃渡り18センチの短刀」→刃体(はたい)
刀の刃の上を素足で歩く軽業(かるわざ)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の刃渡りの言及

【火渡り】より

…修験者が,屋外で焚く柴灯護摩(さいとうごま)の残り火などを使用して,燠(おき)や焼木の上を呪文や経文を唱えつつ歩くことをいう。これは,修験者が山岳修行などによって体得した超自然力である験力を示す験術の一種で,刃渡りなどもその一連の行為である。正式には,火生三昧耶法といい,護身法によって自己を清浄にした後,本尊不動明王と合体したと観じ,みずからが火を統御しうる存在となって火を渡る。…

※「刃渡り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

刃渡りの関連情報