コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分銅形土製品 ふんどうがたどせいひん

防府市歴史用語集の解説

分銅形土製品

 長方形または円形をしたうすい土の板です。中央部がくびれて、はかりのおもりのような形をしています。弥生時代のお祭り用品で、瀬戸内海沿岸で見られます。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

分銅形土製品の関連キーワード新宮宮内遺跡紫雲出遺跡鳥取(県)井上山遺跡明地遺跡

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android