コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分銅形土製品 ふんどうがたどせいひん

1件 の用語解説(分銅形土製品の意味・用語解説を検索)

防府市歴史用語集の解説

分銅形土製品

 長方形または円形をしたうすい土の板です。中央部がくびれて、はかりのおもりのような形をしています。弥生時代のお祭り用品で、瀬戸内海沿岸で見られます。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

分銅形土製品の関連キーワード蚕箔長方形土版面子鱗形身光水盤盤台雲版八つ橋織

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone