円形(読み)えんけい

精選版 日本国語大辞典「円形」の解説

えん‐けい ヱン‥【円形】

〘名〙
① 円い形。
※菅家文草(900頃)六・重陽侍宴同賦菊有五美「蟹腸純色深依地、鵝眼円形遠禀天」
※暦象新書(1798‐1802)中「円形は無量数の直線を以て成るもの也」
② 植物の花弁や葉の先、または葉の基部が円形で、梅などの花弁の先端のように尖りもへこみもしないものをいう。〔生物学語彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「円形」の解説

えん‐けい〔ヱン‐〕【円形】

まるい形。

まる‐がた【円形/円型/丸形】

まるい形。えんけい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android