コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切り畝歩 キリセブ

デジタル大辞泉の解説

きり‐せぶ【切り畝歩】

江戸時代、検地帳に一区画として登録されている田畑を分割して、その一部を質入れすること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

切り畝歩の関連キーワード江戸時代