コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

検地帳 けんちちょう

6件 の用語解説(検地帳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

検地帳
けんちちょう

水帳 (みずちょう) ともいう。江戸時代検地条目に従って行われた検地の結果を各村ごとにまとめた土地台帳の一種。一般に,村内の耕地や屋敷などそれぞれ所在順,一筆ごとに小字 (→ ) ,地目,品位,面積,生産高,耕作者などを記載し,最後に地目,品位別集計,村高を記載した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

けんち‐ちょう〔‐チヤウ〕【検地帳】

検地の結果を書き記した土地台帳。縄帳。水帳(みずちょう)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

検地帳【けんちちょう】

水帳,縄帳,竿(さお)帳とも。近世,検地の結果をまとめた土地台帳。村単位で土地の一筆ごとに地名,地目,等級,面積,石高,耕作者を記載する。検地帳に登録された耕作者が本百姓であり,年貢(ねんぐ)諸役の負担を義務づけられた。
→関連項目字切図一地一作人海高国絵図郷帳古文書地押太閤検地名請人名寄帳分付百姓分米水呑村絵図

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

けんちちょう【検地帳】

検地の結果をとりまとめて作成した帳簿。水帳(みずちよう)とも呼ばれている。形式には,さまざまなものがあるが,太閤検地の検地帳の形式が統一されるのは文禄検地であり,幕府検地の検地帳が統一的な形式に整えられるのは寛文・延宝検地である。検地帳の標準的な記載形式(文禄検地,寛文・延宝検地以後の幕府検地)では,1村単位で検地結果をとりまとめ,1村の石盛(こくもり)を定め,村内の田・畑・屋敷について1筆ごとに田畑所在地名(字名),地目(田,畑,屋敷),品位(上・中・下・下々),面積,石高,名請人(なうけにん)を記し,最後にそれを総計して村高を記載する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

けんちちょう【検地帳】

江戸時代、検地の結果を一村ごとにまとめた土地台帳。土地一筆ごとに、所在・地目・等級・面積・石高・名請人などを記す。御図帳みずちよう。縄帳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

検地帳
けんちちょう

一村の検地の結果を一筆ごとに記載し村高を明らかにした土地台帳。水帳(みずちょう)、竿帳(さおちょう)、縄帳(なわちょう)などともいう。記載様式は、一筆ごとに、その所在地の小字(こあざ)名、田畑屋敷の別、等級(上・中・下の品付)、面積、分米(ぶんまい)(石高(こくだか))、名請人(なうけにん)を記載し、順次これを列記して、最後に、それらを合計した一村全体の田畑屋敷の総面積、村高を記入し、検地奉行(ぶぎょう)が署名するのが原則である。この原則は太閤(たいこう)検地からほぼ確定し、江戸時代を通じて継承された。しかし細かな点では検地奉行によって精粗の差があり、また内容の変化もみられた。等級は、上・中・下のほかに、上々(じょうじょう)・下々(げげ)などを加えた場合や、9等にも分けた場合もある。面積は、それを測る1間(けん)の長さが太閤検地では6尺3寸、江戸初期の検地では6尺1分、その後はさらに短くする場合もあったから、年代の下るほど実質的に狭くなった。名請人はその土地の公認の保有者であるが、江戸初期までの検地帳では屋敷を登録されたものと、されないものとがあり、また検地帳によっては分付(ぶんつけ)記載のあるもの(分付主の家抱または小作人と考えられる)もみられ、それらがのちには本百姓として把握されて、年貢課役の負担を義務づけられた。
 検地帳は2冊作成されて、1冊は領主側(勘定所)に、1冊は村の名主(庄屋(しょうや))のもとに保管され、これを基準に年貢課役が賦課された。検地帳が封建支配の基礎帳簿として果たした役割は大きい。[宮川 満]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の検地帳の言及

【家数人馬改帳】より

…家数改帳,家付帳,家付人付帳,棟別帳,人畜改帳などの名がある。検地帳が土地生産力を記録するのに対して,家数人馬改帳は村内の百姓竈(かまど)ごとに受持高,家族の男女別年齢・軒数・牛馬数・屋敷地を調査し,村落構成員を把握するばかりでなく,村ごとに男女別・年齢別の集計を出すことによって夫役負担能力のあるものを書き上げさせた。すなわち役負担可能な家(役家)と役夫の台帳である。…

【名請人】より

検地帳に名前を登載されている農民のこと。検地によって田畑,屋敷地の所持者として領主に認定され,その田畑,屋敷地にかかる年貢,諸役を負担する責務を請け負っていた。…

【名寄帳】より

…日本近世の村方帳簿の一つ。検地帳に基づいて村ごとに作成された土地台帳。百姓の名まえ別に田,畑,屋敷の石高(こくだか),面積を1筆ごとに記載し,それを合計して百姓別の石高,面積を記帳している。…

【水帳】より

…近世における検地帳の別称。語源については,水土(土地)の土を略したとか,律令時代の民部省図帳を御図帳(みずちよう)といったのに基づくともいわれる。…

※「検地帳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

検地帳の関連キーワード名寄帳公簿地引帳製表総締め二重帳簿野帳取り纏め取り纏める地押

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

検地帳の関連情報