切(り)上げ(読み)キリアゲ

デジタル大辞泉の解説

きり‐あげ【切(り)上げ】

区切りをつけて終わりにすること。「この辺で切り上げにしよう」
計算で、求める位未満の端数を、求める位に1として加えること。⇔切り捨て
通貨の対外価値を高くすること。⇔切り下げ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例