コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切(り)上げ キリアゲ

デジタル大辞泉の解説

きり‐あげ【切(り)上げ】

区切りをつけて終わりにすること。「この辺で切り上げにしよう」
計算で、求める位未満の端数を、求める位に1として加えること。⇔切り捨て
通貨の対外価値を高くすること。⇔切り下げ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

切(り)上げの関連キーワードニクソン(Richard Milhous Nixon)リラ(イタリアの通貨単位)元(中華人民共和国の通貨)変動相場のガイド・ラインチャイナ・プラス・ワンリーズ・アンド・ラグズ調整インフレーションニクソン・ショックヨーロッパ通貨制度スミソニアン合意スミソニアン協定インフレーションドルショック国際通貨問題グスタフ2世バーゼル協定東レ(株)ケインズ案造船工業ルーブル

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android