コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切(り)捨て/斬(り)捨て キリステ

デジタル大辞泉の解説

きり‐すて【切(り)捨て/斬(り)捨て】

切り取って捨てること。
不要なものとしてかえりみないこと。「福祉の―」
計算で、求める位未満の端数を捨てること。⇔切り上げ
人を切ってそのまま放っておくこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

切(り)捨て/斬(り)捨ての関連キーワード多数派支配型民主主義株式会社の農地取得人頭税[イギリス]クレオメネス3世企業再建整備法アポロ11号テキストロン薪水給与令重化学工業資本コストアポロ9号アギス4世債務免除益月着陸船大死一番薬師寺順山中一揆国家破産年貢先納苦しい

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android