コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切(り)刃造(り) キリハヅクリ

デジタル大辞泉の解説

きりは‐づくり【切(り)刃造(り)】

日本刀の造り込みの一。鎬(しのぎ)との間が広く、刃方の肉の勾配(こうばい)が急なもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

切刃造【きりはづくり】

日本刀(にほんとう)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の切(り)刃造(り)の言及

【日本刀】より

…〈平造(ひらづくり)〉は刀身の両面が平らなもの。この両者の中間形式としては〈切刃造(きりはづくり)〉がある。剣は〈両鎬造(りようしのぎづくり)〉で断面は菱形である。…

※「切(り)刃造(り)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

切(り)刃造(り)の関連キーワード日本刀の用語片切刃造り切刃貞宗しのぎ上古刀刀剣大刀短刀古刀

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android