コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切(り)捨て御免 キリステゴメン

デジタル大辞泉の解説

きりすて‐ごめん【切(り)捨て御免】

江戸時代、武士に与えられていた特権の一。町人・百姓などが無礼な行為に及んだ場合、殺しても処罰されなかったこと。転じて、弱者に対し、特権を用いて横暴なふるまいをすること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

切(り)捨て御免の関連キーワード江戸時代

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android