コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切(り)石積み キリイシヅミ

デジタル大辞泉の解説

きりいし‐づみ【切(り)石積み】

一定の形に切った石材を規則正しく積み重ねた建造物。また、その積み方。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の切(り)石積みの言及

【石積み】より

…古代エジプト建築に見られるように,古代から高度の段階に発達していた。石積みは,大別して野石積(のいしづ)みと切石積(きりいしづ)みに分かれる。野石積みは,天然のまま,あるいは割ったままで,ていねいな加工をしていない石を乱積(らんづ)み(不整形積み)にするもので,日本の石垣などに多く見られるが,西洋の石造壁にもしばしば見いだされる。…

※「切(り)石積み」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

切(り)石積みの関連キーワードペルセポリスロータス城塞石積み一定