建造物(読み)けんぞうぶつ

精選版 日本国語大辞典「建造物」の解説

けんぞう‐ぶつ ケンザウ‥【建造物】

〘名〙 建造した物。家屋、倉庫その他これに類する建築物。
※刑法(明治四〇年)(1907)一三〇条「故なく人の住居又は人の看守する邸宅、建造物若くは艦船に侵入し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の建造物の言及

【建造物損壊罪】より

…他人の物の効用を損なういわゆる毀棄罪(ききざい)にあたる行為のうち,文書毀棄罪にあたるものを除き,とくに重要な財産的価値をもつ建造物,艦船の損壊を,一般の器物損壊罪より重く処罰するもの。器物損壊罪と異なり,親告罪ではない。…

※「建造物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android