コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刈(り)込み カリコミ

1件 の用語解説(刈(り)込みの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かり‐こみ【刈(り)込み】

[名](スル)
草木の枝葉を切り整えること。
頭髪を短く切ること。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の刈(り)込みの言及

【剪定】より

…枝の切り方では,基部から切り取ることを間引き,中途で切り短くすることを切返しという。刈込物や生垣のように一定の形をつくっているものは,刈込ばさみ,かまなどを用いて仕上げる(刈込み)。マツ類では特殊な仕立て方法として,春季伸びる若い緑茎を2~3本,摘心して残す緑摘みと,やや遅れた時期に若茎の2~3本の上部の葉を残して他をもみ除くもみ上げがある。…

※「刈(り)込み」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone