枝葉(読み)エダハ

デジタル大辞泉の解説

えだ‐は【枝葉】

枝と葉。
本筋や中心から離れた重要でない部分。末節。しよう。「話が枝葉に及ぶ」

し‐よう〔‐エフ〕【枝葉】

樹木の枝と葉。えだは。
物事の本質にかかわりのない部分。主要でない部分。「枝葉の問題にこだわる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

枝葉 (シバ)

植物。山野に自生する雑木または雑草の称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

えだ‐は【枝葉】

〘名〙
① 草や木の枝と葉。しよう。
※新撰六帖(1244頃)六「しらかしの枝はをしなみ雪降れどなれたる山は道もまよはず〈藤原光俊〉」
② 物事の重要でない部分。本筋や中心からはずれた、よけいなところ。末節。しよう。
※夜の寝覚(1045‐68頃)四「殿の思(おぼ)いたるさまなど、ある事もえだはをつけ、なき事をもつきづきしう」
③ 本家から分かれた者、または主人に仕える者。親族、子孫。家来、従者。
※歌舞伎・絵本合法衢(1810)六幕「与五郎とやらを誘(おび)き寄せ、彼奴(あいつ)も高橋が枝葉(エダハ)の奴」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報