草木(読み)くさき

精選版 日本国語大辞典「草木」の解説

くさ‐き【草木】

〘名〙 と木。草や木。そうもく。
書紀(720)神代上(寛文版訓)「吾(あれ)已に大八洲の国及ひ山川(やまかは)草木(クサキ)を生(う)めり」
万葉(8C後)二〇・四三一四「八千種(やちくさ)に久佐奇(クサキ)を植ゑて時ごとに咲かむ花をし見つつしのはな」
[語誌]同義語に「きくさ(木草)」があるが、八代集や散文中の和歌では「くさき」が用いられている。両者の使い分けは不明だが、中世以降は「くさき」が広く用いられるようになる。

そう‐もく サウ‥【草木】

〘名〙 草と木。また、植物の総称。くさき。そうぼく。
※凌雲集(814)於神泉苑侍宴賦落花篇〈高丘第越〉「無心草木猶余恋、况復微臣酔恩危
※苔の衣(1271頃)四「心なきさうもくも折につけたる虫のこゑごゑにも」
※浮世草子・好色盛衰記(1688)一「草木(サウモク)心なしといへど、花代のむつかしきを合点して」 〔法華経‐薬草喩品〕 〔書経‐舜典〕

そう‐ぼく サウ‥【草木】

〘名〙 =そうもく(草木)〔文明本節用集(室町中)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「草木」の解説

そう‐もく〔サウ‐〕【草木】

草と木。また、植物のこと。くさき。そうぼく。「山川さんせん草木
[類語]植物プラント草木くさき本草ほんぞう樹木じゅもくみどり一木一草食虫植物観葉植物薬用植物高山植物帰化植物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「草木」の解説

【草木】そう(さう)もく

草や木。数ならぬもの。〔唐書、高倹竇威伝賛〕高・竇は外戚姻家に(よ)ると雖も、然れども自ら才を以て天子に結び、~(こ)れを事業に見(あら)はせり。古來賢豪、はず、~木とに腐ちたる(い)ふに(た)ふべけんや。

字通「草」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android