頭髪(読み)ずはつ

精選版 日本国語大辞典「頭髪」の解説

ず‐はつ ヅ‥【頭髪】

〘名〙 髪の毛。とうはつ。
※サントスの御作業(1591)二「モシヤ テンマ ノ zzufat(ヅハツ) ノ ウチ ニ コモリ イル ト ヲングシ ヲ ソリ ヲトサルル モノ ナリ」
※花間鶯(1887‐88)〈末広鉄腸〉中「頭髪(ヅハツ)長く延びて肩に垂れ」

とう‐はつ【頭髪】

〘名〙 髪の毛。あたまの毛。ずはつ。
※玉葉‐承安三年(1173)九月九日「其間、行事繁多、如頭髪」 〔史記‐項羽本紀〕

かしら‐がみ【頭髪】

〘名〙 頭の髪の毛。頭髪。
※寛永版曾我物語(南北朝頃)七「かしらがみ抜けて母の手に留まり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の頭髪の言及

【髪】より

…人体頭部の皮膚に植立する毛。頭毛,頭髪,髪の毛などとも称される。そもそも毛とは皮膚の表層をなす細胞群が硬いタンパク質性の物質塊(角質)に変化して生じたものであるが,その際に皮膚表層が1本1本の毛をとりかこむようにして体内へ深く(髪の場合は4~5mm)陥入し,毛包を形成する。…

※「頭髪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android