コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初留取り ショリュウドリ

1件 の用語解説(初留取りの意味・用語解説を検索)

とっさの日本語便利帳の解説

初留取り

蒸留の時、初めに流れ出てくる初留、はな垂れといわれる焼酎を集めたもの。華々しい香り、濃厚な味でアルコール度は六〇度ほど。四五度以下に水で割って出荷される。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

初留取りの関連キーワード流出売れ出す枝川横流流れ出す流れ出る捌け道てく・る揺るぎ出づ再蒸留

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone