前挽き(読み)マエビキ

大辞林 第三版の解説

まえびき【前挽き】

一人挽き用の刃渡りの短い縦挽き鋸のこぎり。二人で木材を挽き割る大鋸おがに代わって近世初頭に現れ、もっぱら板材を挽くために用いられた。前挽き大鋸。 → 大鋸

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android