前触れ(読み)マエブレ

デジタル大辞泉の解説

まえ‐ぶれ〔まへ‐〕【前触れ】

[名](スル)
前もって知らせること。事前に通告すること。さきぶれ。「前触れしてから訪ねる」
何か事が起こるのを予想させるような出来事。前兆。「大噴火の前触れ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まえぶれ【前触れ】

( 名 ) スル
前もって告げ知らせること。さきぶれ。予告。 「 -もなく訪ねて来た」 「喇叭らつぱを吹きて、祭の-する男も/即興詩人 鷗外
何かが起こるしるし。前兆。 「大地震の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

前触れの関連情報