コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前触れ マエブレ

デジタル大辞泉の解説

まえ‐ぶれ〔まへ‐〕【前触れ】

[名](スル)
前もって知らせること。事前に通告すること。さきぶれ。「前触れしてから訪ねる」
何か事が起こるのを予想させるような出来事。前兆。「大噴火の前触れ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まえぶれ【前触れ】

( 名 ) スル
前もって告げ知らせること。さきぶれ。予告。 「 -もなく訪ねて来た」 「喇叭らつぱを吹きて、祭の-する男も/即興詩人 鷗外
何かが起こるしるし。前兆。 「大地震の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

前触れの関連キーワード抜き打ち解散・抜打ち解散一葉落ちて天下の秋を知るさよならもいわずにヒューリスティクス大山鳴動して鼠一匹ハインリッヒの法則一過性脳虚血発作文武二道万石通地震前兆現象鳥影が射す兆候・徴候大旱の雲霓走り梅雨即興詩人シリウスこっくり匁山剛志突っ掛け相沢事件一番太鼓

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

前触れの関連情報