類語(読み)るいご

精選版 日本国語大辞典「類語」の解説

るい‐ご【類語】

〘名〙
① 意義の似通った語。類義語。また、ある範疇に含まれる語。
※信長記(1622)一五下「かくのごとくの類語(ルイゴ)類証をも精しく暁得し」
※ニッポン語の散歩(1960)〈石黒修〉散歩とは…?「同意語・類語としては、散策、遊歩、漫歩、ちょっと古いものに坪内雄蔵の号の逍遙がある」
② 和歌または文章の中の同種類の語を、いろは順または五十音順に配列したもの。「万葉類語」「源氏類語」など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「類語」の解説

るい‐ご【類語】

類義語」に同じ。
和歌や文章の中の同じ種類の語を、いろは順または五十音順に配列したもの。「源氏類語

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android