コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

劉家峡ダム(読み)りゅうかきょうダム

百科事典マイペディアの解説

劉家峡ダム【りゅうかきょうダム】

中国,甘粛省臨夏回族自治州永靖県の黄河主流に建設されたダム。1964年着工,1974年完成。堤高147m,貯水容量57億m3。発電所の総出力122.5kW,年間発電量57億kWh。黄河主流開発の第1期重点プロジェクトの一つ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の劉家峡ダムの言及

【劉家峡】より

…ダムの堰堤高147m,貯水量57億m3,ダム湖の面積は130km2あまり,発電能力122万kWに達する大型ダムで,しかも下流の塩鍋峡,八盤峡のダムと階段状ダム群を構成,黄河の洪水調節と発電に貢献している。また劉家峡ダムの人造湖をさかのぼると炳霊寺(へいれいじ)石窟まで船が通じる。【河野 通博】。…

※「劉家峡ダム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android