コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

力垂木 ちからだるき

大辞林 第三版の解説

ちからだるき【力垂木】

軒の補強のために配置する、普通より丈たけを高くするなどして丈夫に作った垂木。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の力垂木の言及

【垂木】より

…古建築ではもっと間隔が狭く,部材のあきが垂木の成(せい)(長さ,幅に対して下端から上端までの垂直距離をいう)と同じものを本繁(ほんしげ)割り,垂木の成と幅の和と同じものを半繁割りという。ふつう垂木にかかる屋根の荷重は棟木や母屋,軒桁を通じて下方に分散されるが,棟持柱や真束(しんづか),小屋束がなく,すべての屋根の荷重が直接二列の壁の上端に集中するような垂木の組み方を垂木構造ともいい,その場合の部材は力垂木,または合掌として区別される。【太田 邦夫】。…

※「力垂木」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報