コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一本 イッポン

デジタル大辞泉の解説

いっ‐ぽん【一本】

細長い物一つ。また、電話・手紙などについてもいう。「一本の便りもない」→本(ほん)

㋐一冊または一部の書物。
㋑ある書物。異本。別の本。「一本に曰(いわ)く」
柔道・剣道などで、完全に技が一つ決まること。転じて、相手をやり込めること。「これは一本取られたな」
(名詞に付いて)そのことだけに、目標や態度などを絞ること。いっぽんやり。「芸一本に生きる」「進学一本にしぼる」
それ一つだけで独立しうる状態であること。特に、一人前になった芸者。→半玉(はんぎょく)
とっくりに入った酒。「一本つける」
銭100枚をつないだ銭差(ぜにさし)一つ。一文銭で100文、四文銭で400文。
「―づつも取らねば勘定に合ふもんぢゃあねえ」〈黄・即席耳学問〉
同じ仲間。一味。ぐる。
「おのれが弟の伝三郎、今迄おのれら―と思ひしに」〈浄・卯月の紅葉
[アクセント]137ッポン、2はイッポン

ひと‐もと【一本】

草や木などのいっぽん。また、一つだけ離れて立っている草や木など。「一本松」
「滑(なめらか)なる床には、―の草だに生いず」〈鴎外訳・即興詩人

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いっぽん【一本】

鉛筆・棒・瓶など細長いものの数え方で、一つ。また、本・手紙・電話などについてもいう。 → ほん(本)
柔・剣道で、技が決まること。剣道では、決まり手となる一撃。通常、二本先取すると勝ち。柔道では、技が完全にかかること。一本先取すると勝ち。 「 -取る」 → 一本勝ち
議論や勝負などで、相手をへこますこと。 「これは-取られた」
一人前。特に、芸妓についていう。 「 -になる」 「 -立ち」
書籍一冊。
(異本がたくさんある時、その中の)ある本。 「 -に曰いわく」
酒を入れた徳利一本。 「 -つける」
一つの方向。一まとまり。ひとすじ。 「志望校を-にしぼる」 「歌-で進む」
千円または一万円をいう俗語。古くは百両。
一文銭または四文銭の銭差ぜにさし一つのこと。銭百枚で一本とする。 「弐朱にしと-/滑稽本・浮世風呂 2
同類。仲間。ぐる。 「おのれが弟の伝三郎、今迄おのれら-と思ひしに/浄瑠璃・卯月の紅葉
[句項目]

ひともと【一本】

草や木などのいっぽん。一株。 「 -の百合の花」
木や草が一本だけ離れてあること。 「わが宿の-柳春くれば/堀河百首」
器具などの一基。 「灯台-して給はらん/栄花 御裳着

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一本の関連キーワードセルカーク・レックス・ロングヘアセルカーク・レックス睫エクステンション合わせ技・合せ技相生治五右衛門金沢根深ねぎアビシニアンブックマッチストレート粉アニーリング竹製小鳥籠モノトナス一本だたら一本勝負一丁締め親子電話あいおい一本参る一本勝ち一木一草

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一本の関連情報