コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

助餉 じょしょうzhu-xiang; chu-hsiang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

助餉
じょしょう
zhu-xiang; chu-hsiang

中国,明末の軍事費不足を補うために徴収された臨時付加税の一つ。崇禎8 (1635) 年,盧象昇の上請に基づき,官戸および民戸の税糧 10両以上を納めるものに対して,さらに 10分の1を加税し,これを助餉と呼んだ。しかしこれがどのように実行されたかについては明瞭でない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android