動き補償(読み)うごきほしょう

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

動き補償

MEPGなどの動画を圧縮する際に用いられる手法。連続するフレーム(コマ)の前後で、データがどちらの方向にどれだけ動いたかという差分を考慮して、データを圧縮・伸長する。これを利用すると、大幅にデータを圧縮することが可能。動き予測とも呼ばれる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うごき‐ほしょう〔‐ホシヤウ〕【動き補償】

映像データの圧縮率を高める手法の一。連続するフレーム間において、画像の各要素の動きを捉えてベクトルデータとして扱い、圧縮率を高めている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

動き補償の関連情報