手法(読み)しゅほう

精選版 日本国語大辞典 「手法」の意味・読み・例文・類語

しゅ‐ほう ‥ハフ【手法】

〘名〙 物事のやり方。特に芸術作品をつくるときの技巧、表現方法
随筆安斎随筆(1783頃)一四「楽家に入調と云ふは手法なり、琴なれば其の琴曲の手なり」
※東京年中行事(1911)〈若月紫蘭〉附録「日枝神社〈略〉工匠上野東照宮のそれと同じく、手法(シュハフ)雄健なもので」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「手法」の意味・読み・例文・類語

しゅ‐ほう〔‐ハフ〕【手法】

物事のやり方。特に、芸術作品などをつくるうえでの表現方法。技法。「写実的な手法」「新手法を用いる」
[類語]画法描法技法技術方法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「手法」の読み・字形・画数・意味

【手法】しゆほう

技巧。

字通「手」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android