手法(読み)しゅほう

精選版 日本国語大辞典「手法」の解説

しゅ‐ほう ‥ハフ【手法】

〘名〙 物事のやり方。特に芸術作品をつくるときの技巧、表現方法。
※随筆・安斎随筆(1783頃)一四「楽家に入調と云ふは手法なり、琴なれば其の琴曲の手なり」
※東京年中行事(1911)〈若月紫蘭〉附録「日枝神社〈略〉工匠は上野東照宮のそれと同じく、手法(シュハフ)も雄健なもので」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android