コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動脈解離 どうみゃくかいり

知恵蔵miniの解説

動脈解離

動脈の3層ある壁の一部が裂けて血管壁内に血液が漏れ、血管の層が剥がれる疾患(血管壁外への出血ではない)。漏れた血液によって血管が膨れるため「解離性動脈瘤」とも言う。ほとんどの場合、解離した部分を中心に急激な激しい痛みが起こる。場合によっては層構造が崩れた動脈が破裂し、最悪の場合、突然死を引き起こす。1981年には、石原裕次郎胸部の解離性大動脈解離と診断された(回復)。また、2013年2月、お笑いコンビ「千鳥」のノブが未破裂左椎骨動脈解離(破裂に至らない首の左の動脈解離)となり、1週間の入院が必要との診断を受けた。

(2013-2-13)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉の解説

どうみゃく‐かいり【動脈解離】

動脈内膜にできた裂け目から血液が流れ込み、血管の中膜が2層に分離し、血管壁内に血流路(偽腔)ができた状態。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動脈解離の関連キーワード解離性大動脈瘤(急性大動脈解離)解離性大動脈瘤心タンポナーデ腹部大動脈瘤大血管疾患西本裕行両澤千晶大動脈瘤真腔

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

動脈解離の関連情報