勝ちを千里の外に決す(読み)カチヲセンリノソトニケッス

デジタル大辞泉の解説

勝(か)ちを千里の外(そと)に決す

《「史記」高祖本紀から》戦場に赴くことなく、いながらにして、はかりごとをめぐらして勝利を収める。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かちをせんりのそとにけっす【勝ちを千里の外に決す】

〔「史記高祖本紀」より。張良が軍師として優れていたことから〕
いながらに、計略をめぐらし、遠く離れている戦場で勝利を得させる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android