勝利/捷利(読み)ショウリ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐り〔シヨウ‐|セフ‐〕【勝利/×捷利】

[名](スル)
戦いや争いなどで、相手に勝つこと。「決勝戦で―を得る」「賃金闘争に―する」⇔敗北
(勝利)仏語。すぐれた利益(りやく)。
「亡者の追善には何事か―多き」〈徒然・二二二〉
[補説]1で、サ変動詞「利する」は昭和40年代前半、学生運動が盛んになる中、学園内の立て看板や活動家のアジ演説で使われるようになった。当時は非難されたが、後に一般化した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐り【勝利・捷セフ利】

〘名〙
① (━する) 戦いに勝つこと。相手を負かすこと。
※天草本平家(1592)三「ヘイケ サイコク ノ カッセン ニワ xôri(ショウリ) ヲ エラレタ コト」
※滑稽本・浮世床(1813‐23)初「堪忍五両負て三両の勝利ぢゃ」
※南方熊楠の学風(1952)〈桑原武夫〉「日本の大学における左派右派に共通の現状維持精神のレジスタンスが勝利したのである」
② (「勝」はすぐれる、「利」は利益(りやく)の意) 仏語。すぐれたご利益。
※往生要集(984‐985)大文四「菩提心有是勝利
※徒然草(1331頃)二二二「亡者追善には、何事か勝利おほき」 〔欧陽脩‐林氏追薦道場斎文〕
③ 利益(りえき)を得ること。有益であること。
※浮世草子・武道張合大鑑(1709)三「致しつけぬ商ひに勝利を失ひ、子共は出来つ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android